正直会社勤めが嫌だなーと思う。理由は沢山有る。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

正直就職したくない人、タカオです。
いきなりコイツ屑だな~って思われそうな事言ってますが、実際の所多くの人が就職するのが嫌だor働くのが嫌だと思っているんじゃないかと思います。
と言うのも、日本社会は働くのが嫌になる要因が多い気がするんですよね。最近では段々とマシにはなってきてますが、やはりまだまだ残っていると思います。

上司が力を持ちすぎてる

日本だけじゃなくて、東アジア全体に言えるのですが、割と会社内において上司の言うことは常に正しい、逆らってはいけないって風潮が有ります。それが正しかろうが、間違ってようがね。もし上司が有能で人格者であれば全く問題が無いのですが、上司だからって理由で有能で、人格者であるだなんてことは無いですよね。逆の場合はむしろ弊害しか有りません。部下に対する負担が多すぎるから結果として組織全体の能率が悪くなりますよね。そもそも上司が有能であれば、部下は黙って従うので上司が力を持ちすぎる事って仕組みとしてはナンセンスなんですよね。
全く力を持たないのは論外ですが、最低限の権力さえ有れば物事は上手くまわると思います。

年功序列

はっきり言います。年功序列なんていうのは無能にとってしかメリットの無い制度です。昔は真面目に必死に働けば成果が有った時代なので、年功序列が正しかったのかもしれませんが、経済が成熟しきった今の日本社会は、真面目に働く=成果、ではなくなってきているので、組織の為を思えば、無能でも組織の上に行けてしまう年功序列は悪平等であると言えるでしょう。

過剰な忍耐が尊ばれる

忍耐自体はとても良いことです。耐え忍ばなければ成し遂げられない事も勿論あります。ただ、不必要な忍耐というものも有ります。結果として自信に害を及ぼしてしまったり、何も得られないのにただ耐えるような忍耐の事です。例えば、違法なブラック企業で生産性のない根性論に従って働き続けたり、皆会社に居るから不必要な仕事を作ってわざと会社に残ったりする様な事です。頭をつかった上での忍耐は尊ばれるべきですが、思考を放棄していたずらに耐え忍ぶ行為は誰にとってもメリットが無いので、そこら辺はちゃんと考えるべきではないでしょうか。

同調圧力

日本は村社会なので、周りに合わせたり、空気を読むことが尊ばれますよね。まぁ、波風を立てないという意味ではいい事なのですが、組織内で同調圧力が有るのは良くないことだと私は思います。と言うのも同調圧力が過ぎると、結果としてそのグループメンバーの批判的思考を奪う事になるんですよね。物事をより良くしていくには、批判的思考というのは絶対に必要なので、それが低下する、或いは無くなるというのは成長の芽を摘むことに等しいです。

改革が遅い

僕が思うのは、日本社会は割と変化に大して積極的じゃない節があると思うんですよね。例えば、今時なんかは全部デジタルで管理するのが効率的なのに、紙の資料を過剰に用いたり、FAXを使ったり、履歴書なんかも手書きを指定したりする企業が有りますよね。ハッキリ言って、不要な仕事を生むことになるので無駄なのですが、今までの習慣という訳で引き継がれています。労働環境にしたって、中小企業を中心に未だに十分な改善が得られていません。大昔から改善しようとしているはずなのにブラック企業は未だに有り続けます。

あとがき

最後になりましたが、僕は別に日本文化を否定しようとするつもりは有りません。上下関係の厳しさは礼儀作法を身につける事に繋がりますし、忍耐は大切な事ですし、波風を立てないことはトラブルを避ける良いことです。ただ、それらが過剰になれば労働環境に悪い影響を及ぼしているのは事実なので、働くモチベーションが下がりますよね。ですので、やっぱり職場ではこういった習慣は無い方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました