夢の食品?バターの様な味でカロリー激低!?

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
バターのようにクリーミーなのに80%が水という低カロリーのスプレッドが開発される
バターは10gあたり75kcalほどで、そのほとんどが脂肪で構成される高カロリーな食品ですが、新たに食品科学者たちは構成要素の80%が水という低カロリーのバターっぽいスプレッドを開発しました。このバターっぽいスプレッドは大さじ1杯あたり25.2kcalとのことです。

最近の科学の進歩って凄まじい物がありますよね。
例えば携帯ならついこの間までガラケーが主流だったのが、今ではスマートフォンでアプリが使えて、今頃では5Gとかいう物もでてきました。
更に科学の進歩はスマートフォンや機械だけにとどまらず、食品にも同じ事が言えるんですよね。
詳細は上のリンクに貼ってありますが、どうやら科学者達が水分80%の低カロリーバター(正確にはバターもどき)を開発したんだそうです。
バターはその構成物質のほとんどが脂肪でできているので、10gあたりのカロリーがおよそ75Kcalというカロリーお化けなんです。
どれぐらいヤバいかというと、一般的な成人男性なら一日300g食べたらその日の必須カロリーは充分まかなえるくらい凄いカロリーなんです。
確かにバターは美味しいし、色んな料理に使いますけど、こんなにカロリーが高かったらちょっと使いにくいですよね。
そんな訳で開発されたのがこの低カロリーなんです。
元々のバターのクリーミーさを残しつつ、カロリーはおよそ三分の一にまでカットされています。
凄くヘルシーですよね。
それに水が媒体になるので、ビタミンやら味やらをつけることも可能なんだそうです。
近い将来、楽しく美味しくダイエットができる時代が来るかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました