『表現の不自由展・その後』が中止されて思うこと

スポンサーリンク
時事ネタ
スポンサーリンク

概要
愛知県で開催中の芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画展『 表現の不自由展・その後 』が中止され、反響を呼んでいる。愛知県が主催の芸術祭の中で、慰安婦像や昭和天皇の顔が燃やされる様な映像が作品として展示されたので、行政側としてはこれは良くないという事で、中止したのであるが、これは憲法の定めた表現の自由に反しているのでは?という声があがっている。

それについて思う事
表現の不自由展が中止された事自体は僕としては問題ではないと思う。
と言うのも、僕は表現の自由は国民の権利として当然尊重されるべき物だと信じてるし、何よりも尊重されなければならないと考えている。だけど、今回の出来事は国の立場を考えれば当たり前だと思う。なぜなら、国家の象徴とも言える天皇(昭和天皇)の顔が燃やされるような映像を愛知県、ひいては国が主催している芸術祭で展示されるのはおかしいからだ。国が主催している以上、国がしたくないと判断して中止する分には全く問題ないと思う。今回の中止に関しては、あくまで『あいちトリエンナーレ』内では、こういった感じの展示はやめてね、という事だ。裏を返せば他の場所(民間等)でする分に関しては何も言っていない。果たしてこれは、国が表現の自由を制限していると言えるのだろうか。僕は別に特別右寄りの思想を持ってる訳ではないが、今回の出来事に関しては、国の対応は当然の事だと感じる。

参考文献: https://blogos.com/article/396933/
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190809/dom1908090008-n1.html
https://news.livedoor.com/article/detail/16910895/

コメント

タイトルとURLをコピーしました