フランスの珍裁判、鶏が早朝に鳴く権利を認めた!?

スポンサーリンク
時事ネタ
スポンサーリンク

裁判と鶏、この2つが一体全体どう関係しているんだ!?とツッコミつくなりますが、世界は広い。こんな童話の中でしか有りそうにない裁判だって実在するんです。

日刊スポーツによると、フランスにて2年以上に渡る裁判の末、早朝に鳴く権利が認められた事が話題になってるそうです。

フランス西部のオレロン島在住のコリンヌさんが飼っている雄鶏のモーリスは、ご近所のビロンさんから『朝一番の鳴き声がうるさい』と苦情を受けて、2017年に訴えられました。それに対し裁判所は今月5日『おんどりには鳴く権利有り』との判決を下したそうです。

裁判の結果に満足したコリンヌさんは『鶏が勝った』と喜んだとのことです。日本ではそもそも訴え自体が認められそうにない話ですが、世界を見てみるとこんな珍裁判も有るってことですよね。中々新鮮味が有って面白いんじゃないかと思います。笑

スポンサーリンク

参考文献

日刊スポーツ:
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201909070000788.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました